2019年6月24日月曜日

プレゼンボードや平面図を施主様にメールで送りたい

今回は、ウォークインホームの操作とは直接関係ありませんが「施主様にプレゼンボードや図面をメールで送りたい」というご質問が意外と多いので、プレゼンボードをPDFにする方法をご紹介しようと思います。以前にも何かの折に軽く触れてるかも知れませんし、パソコンに詳しい方には常識かも知れませんね。

一般的にメールで文章を送る場合、書類であればPDF、写真であれば画像ファイル、図面であればJWW/DXFなどのベクトルデータでの送信が一般的だと思います。今回はプレゼンボードのPDFを作成する方法についてご紹介します。もちろん同様の方法で画像や図面のデータをPDFにする事も可能です。

エクセルやワードなどでは標準でPDF形式を保存する機能がついていますが、ウォークインホームなど、他のソフトの場合どのように操作するかをご説明します。

お使いのPCがWindows10であれば「Microsoft Print to PDF」というPDF作成ソフトが標準で入っているのでそれを使いましょう。

Windows8.1以前のPCをお使いの方は、
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/primopdf/
>「PrimoPDF」PDF文書作成ソフト - 窓の杜

などをインストールして下さい。※昨今、インストール時にマルウェアを仕込む悪質なフリーソフトなども散見されるのでご注意下さい。

以降は、上記の何れかがインストールされている物と仮定して話を進めます。


こんな感じでプレゼンボードが出来ました。


紙に印刷する場合と同様、上部メニューから「ファイル」→「印刷」を選択します。


「プリンタの設定」をクリックします。


ここが重要です。プリンタを通常使用しているプリンタでは無く、「Microsoft Print to PDF」「Primo PDF」に変更します(プリンタの名称はソフトにより変わります)。要するに紙では無く、ファイルにプリントするワケです。


「OK」を押すと、どのPDF作成ソフトでもほぼ同様に、パソコンが少しの間グルグルと考え、ファイルの保存場所を聞かれるので、デスクトップなどわかりやすい場所にし、わかりやすいファイル名をつけて保存しましょう。


先に指定した場所に、PDFファイルが出来ていれば完了です。ダブルクリックして中身を確認して下さい。このファイルをメールなどに添付して送信しましょう。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
木建市場では、ウォークインホームのスキルアップスクールを、毎月・東京と大阪で開催しています。
「会社に新人が入ったので覚えて欲しい」「ウォークインホームを触ったことがない」「単発で参加したい」「希望の就職先で使っているので個人的に習得したい」という方も大歓迎です。

■スクールの様子はこちら→ https://mokken.hatenablog.com/
■日程カレンダーはこちら→ http://www.mokken.com/cgi-bin/calender/calender.cgi
■スクールお申込みフォームはこちら→ http://walk-in-home.net/beginner.html
※お電話、直接のメールでのお申込みも可能です。不明な点はお気軽に、お問合せ下さい。042-208-3250「ウォークインホームスクールの件で」とお伝え下さい。
■ また「入門スクール」「設計図書スクール」「個別訪問スクール」などの内容も、ご希望に応じて開催可能です。

【スクールに関するお問い合わせ】
 株式会社木建市場(TEL:042-208-3250/E-mail:info@mokken.com)までお気軽にご連絡ください。

2019年5月21日火曜日

小屋裏換気の入力 換気金物のマスタ―読込

Walk in home(ウォークインホーム)プロフェッショナルタイプを利用している方は、小屋裏換気部材の入力が可能です。
初めて機能を使う時に、換気金物部材が表示されない場合があります。
このような場合は、一度メニューバー「設定」の「換気金物設定」を開いて、部材の読込をおこなってください。
 「金物情報設定」ウィンドウが表示されるので、標準データから「マスター読込」をおこなってください。部材が追加されます。
取込みが終わったデータや追加をした部材は、小屋裏換気部材として入力ができるようになります。
※部材情報が空の時に「マスター書込み」をクリックしてしまうと、標準データが空の状態になってしまいます。間違えないようにしましょう!
お困りの時は質問フォームからご相談ください。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
木建市場では、ウォークインホームのスキルアップスクールを、毎月・東京と大阪で開催しています。
「会社に新人が入ったので覚えて欲しい」「ウォークインホームを触ったことがない」「単発で参加したい」「希望の就職先で使っているので個人的に習得したい」という方も大歓迎です。

■スクールの様子はこちら→ https://mokken.hatenablog.com/
■日程カレンダーはこちら→ http://www.mokken.com/cgi-bin/calender/calender.cgi
■スクールお申込みフォームはこちら→ http://walk-in-home.net/beginner.html
※お電話、直接のメールでのお申込みも可能です。不明な点はお気軽に、お問合せ下さい。042-208-3250「ウォークインホームスクールの件で」とお伝え下さい。
■ また「入門スクール」「設計図書スクール」「個別訪問スクール」などの内容も、ご希望に応じて開催可能です。

【スクールに関するお問い合わせ】
 株式会社木建市場(TEL:042-208-3250/E-mail:info@mokken.com)までお気軽にご連絡ください。

2019年5月10日金曜日

物件に対して敷地を「回転」「移動」する

物件入力後に、敷地を作成する場合「座標敷地入力」をおこなうと、敷地と物件の位置がものすごくずれてしまうことありますよね。
そんなときの便利な回転や移動の操作についてお伝えします。
敷地画面の『敷地』大アイコンのメニューを展開すると、配置の回転/移動の機能があります。本来こちらを利用すると、建物に対して任意の敷地辺を平行に回転させることができるのですが、図のようなに≪敷地と建物が接触していない≫ケースではうまく利用できません。
そこで、まず敷地を選択して建物と重なる位置まで移動ししてから、「配置回転」をすることをお勧めします。
配置回転機能を使うには、『敷地』大アイコンから「配置回転」を選択します。
画面上の敷地の任意の外周辺1つをクリックします。
次に建物の任意の外周辺1つをクリックします。
すると、Aの辺がBの辺に平行になるように物件が移動し、同時に距離を示す寸法線が作成されます。
敷地外周辺と建物の距離調節は『敷地』大アイコンメニューの「配置移動」を使います。

 「配置移動」中の黒い矢印表示の状態で任意の位置の寸法線をクリックすると、その時点での距離が表示されます。変更したい数値を入力して「OK」を押すと移動が実行されます。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
木建市場では、ウォークインホームのスキルアップスクールを、毎月・東京と大阪で開催しています。
「会社に新人が入ったので覚えて欲しい」「ウォークインホームを触ったことがない」「単発で参加したい」「希望の就職先で使っているので個人的に習得したい」という方も大歓迎です。

■スクールの様子はこちら→ https://mokken.hatenablog.com/
■日程カレンダーはこちら→ http://www.mokken.com/cgi-bin/calender/calender.cgi
■スクールお申込みフォームはこちら→ http://walk-in-home.net/beginner.html
※お電話、直接のメールでのお申込みも可能です。不明な点はお気軽に、お問合せ下さい。042-208-3250「ウォークインホームスクールの件で」とお伝え下さい。
■ また「入門スクール」「設計図書スクール」「個別訪問スクール」などの内容も、ご希望に応じて開催可能です。

【スクールに関するお問い合わせ】
 株式会社木建市場(TEL:042-208-3250/E-mail:info@mokken.com)までお気軽にご連絡ください。

2019年4月27日土曜日

看板の作り方

「看板って作れないの?」「看板ですか。お店とかの?」「そう」「表札を使ったらどうでしょう?」

というワケで、今回は簡単な看板の作り方です。店舗などの建築、改装をされてる方も多いと思いますので、参考になれば。

まずは、看板の画像ファイルを用意します。コンビニやファミレスなどであれば、「@@@(任意のフランチャイズ名) ロゴ」などで画像検索すれば出てくると思います。もしくは使用許諾などを含め、その会社の販促室などにお問合せ下さい。

もちろん、フォトショップやペイントソフトなどで作成しても構いません。今回は某有名ファストフード店っぽい看板を作ってみました。


次にウォークインホームで看板の板を作ります。入力要素は「表札」でも「厚み領域(線分)」でもなんでも構いません。エクステリアやインテリアの部材に直接貼れないの?と思う方も居るかと思いますが、部材に直接貼る場合、マッピングと言われるテクスチャを貼る際のルールのような物で上手く貼れないケースがあるので、一度、板状の部材を作る方が確実です。

今回は「その他」大アイコンの「表札」で作ってみました。
中央の黒い部分が「表札」です

画面をパース表示にし、作った看板の上でダブルクリックして「素材編集」画面を出します。

「テクスチャ指定」のチェックをつけ用意した画像を読み込みます。ここからが重要です。テクスチャの画像サイズ(縦横比率)を作った看板と同じにします。看板を横5000、縦1000で作成したので画像サイズ、テクスチャの幅高さ比率を5:1の比率にします。必要であれば「質感テンプレート」も編集します。

左側が「表札」のプロパティ、右側がテクスチャの設定です。

注意点として、厚みがある物だと側面や背面にもテクスチャの柄が出てきてしまうので、看板を薄くするか、厚みが必要な物は2枚構造にする事をオススメします。
看板があるとそれっぽくなりますよね
同じ方法で、部屋の絵画やポスターなども作れるので、部屋の一面に「ゲルニカ」を飾りたい!!!!という施主様が居ても安心です。試してみてはどうでしょう。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
木建市場では、ウォークインホームのスキルアップスクールを、毎月・東京と大阪で開催しています。
「会社に新人が入ったので覚えて欲しい」「ウォークインホームを触ったことがない」「単発で参加したい」「希望の就職先で使っているので個人的に習得したい」という方も大歓迎です。

■スクールの様子はこちら→ https://mokken.hatenablog.com/
■日程カレンダーはこちら→ http://www.mokken.com/cgi-bin/calender/calender.cgi
■スクールお申込みフォームはこちら→ http://walk-in-home.net/beginner.html
※お電話、直接のメールでのお申込みも可能です。不明な点はお気軽に、お問合せ下さい。042-208-3250「ウォークインホームスクールの件で」とお伝え下さい。
■ また「入門スクール」「設計図書スクール」「個別訪問スクール」などの内容も、ご希望に応じて開催可能です。

【スクールに関するお問い合わせ】
 株式会社木建市場(TEL:042-208-3250/E-mail:info@mokken.com)までお気軽にご連絡ください。

2019年3月26日火曜日

ウォークインホームを利用していると平面入力画面の描画がおかしくなる場合の対処方法

「平面入力画面が急に固まるようになってしまった」「一日中ソフトを使っていると平面入力画面の表示がおかしくなる」というお問合せを多く頂くので、今回はその対処方法をご紹介しようと思います。


物件一覧の画面の上部メニュー「設定」の中から「システム情報」の中の「その他」タブを開きます。(間取り入力厨の画面でも同様です。)

下の方に平面高速表示1~7のいずれかにチェックがついていると思いますので、そのチェックを全て外してみて下さい。最後に「OK」を押して完了です。


これらは通常、新しいパソコンなどに対応した高速描画機能なのですが、windowsアップデートの直後や、パソコンとの相性などにより間取り入力時、描画などに不具合が生じるケースが確認されています。

記事を書いてみたものの、少し内容が薄いので、弊社サービス「HGプレゼン」 https://walk-in-home.net/hg.html のご紹介を少し。

株式会社ファイン様と提携し、建築系CG素材では最大級(配信数120000点!)のデータステーション http://www.datastation.jp/ の中からリクエストを頂き、ウォークインホーム用のデータに変換してお送りする「HGプレゼン」というサービスを行っております。
あらゆるジャンルの3D部材、メーカー素材などが豊富に揃っておりますので、あの部材欲しい・・・というような悩みは一気に解決します。


また、ウォークインホームのデータを読み込むだけで簡単に高品質外観画像を作成できるファイン様のオートパース https://www.autopers.jp/ もご利用頂けます。次回、オートパースについて少し詳しく記事にしようと思います。


不明な点がありましたら、弊社サポートまでお気軽にお問合せ下さい。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
木建市場では、ウォークインホームのスキルアップスクールを、毎月・東京と大阪で開催しています。
「会社に新人が入ったので覚えて欲しい」「ウォークインホームを触ったことがない」「単発で参加したい」「希望の就職先で使っているので個人的に習得したい」という方も大歓迎です。

■スクールの様子はこちら→ https://mokken.hatenablog.com/
■日程カレンダーはこちら→ http://www.mokken.com/cgi-bin/calender/calender.cgi
■スクールお申込みフォームはこちら→ http://walk-in-home.net/beginner.html
※お電話、直接のメールでのお申込みも可能です。不明な点はお気軽に、お問合せ下さい。042-208-3250「ウォークインホームスクールの件で」とお伝え下さい。
■ また「入門スクール」「設計図書スクール」「個別訪問スクール」などの内容も、ご希望に応じて開催可能です。

【スクールに関するお問い合わせ】
 株式会社木建市場(TEL:042-208-3250/E-mail:info@mokken.com)までお気軽にご連絡ください。

2019年2月26日火曜日

ウォークインホームのVR出力機能(オプション)について

以前、ウォークインホームで作成したプランを、vr動画にしてyoutubeに掲載するという話を書きましたが、今回はウォークインホームで作成したプランをviveというvrゴーグルで見る方法についてご紹介しようと思います。

https://walk-in-home-fan.blogspot.com/2017/04/vr.html
> ウォークインホームファン: ウォークインホームで今流行のVR動画を作ってみた

ウォークインホームで作成したプランを、アンリアルエンジンという最新の3dゲーム開発用のエンジンを使ってデータを変換する、前述の画像を擬似3dにする物とは一線を画す物となっており、3d空間への没入感もなかなかの物です。※ウォークインホームVR出力はオプションとなります。

レンダリングにはV-Rayを使用しているので、パースの質感も格段に上昇します。

vrゴーグルが無くても、pcのモニターに映して、マウスとキーボードで雰囲気が味わえるので、ご興味のある方はお問合せ下さい。弊社で作成したサンプルプログラムをお送りさせて頂きます。尚、このプログラムの動作にウォークインホームは必要ありません。また自社のプランで見てみたいという場合も、お気軽にご相談下さい。

こんな感じのパースを歩き回り、グリグリと動きます。


余談となりますが、ウォークインホームファンにもお問合せのチャットをご用意致しました。お気軽にお問合せ下さい。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
木建市場では、ウォークインホームのスキルアップスクールを、毎月・東京と大阪で開催しています。
「会社に新人が入ったので覚えて欲しい」「ウォークインホームを触ったことがない」「単発で参加したい」「希望の就職先で使っているので個人的に習得したい」という方も大歓迎です。

■スクールの様子はこちら→ http://d.hatena.ne.jp/mokken/
■日程カレンダーはこちら→ http://www.mokken.com/cgi-bin/calender/calender.cgi
■スクールお申込みフォームはこちら→ http://walk-in-home.net/beginner.html
※お電話、直接のメールでのお申込みも可能です。不明な点はお気軽に、お問合せ下さい。042-208-3250「ウォークインホームスクールの件で」とお伝え下さい。
■ また「入門スクール」「設計図書スクール」「個別訪問スクール」などの内容も、ご希望に応じて開催可能です。

【スクールに関するお問い合わせ】


 株式会社木建市場(TEL:042-208-3250/E-mail:info@mokken.com)までお気軽にご連絡ください。

2019年1月24日木曜日

ウォークインホームファン、おすすめ記事

ウォークインホームファンに書く内容を考えていて、「この前、質問があったしこんな内容がいいんじゃないかしら」と思い、念の為に過去の記事を検索してみると、もうとっくに書いてしまっているケースが増えてきました。長い期間やっているblogあるあるですね。

そこで今回は、質問の多い内容だったり、これは便利ですよという物をいくつか選んでご紹介しようと思います。

慣れた方は「そんなの知ってるよ」という内容だとは思いますが、お付き合い下さい。

http://walk-in-home-fan.blogspot.com/2017/07/blog-post.html
> ウォークインホームファン: プレゼンボードにエクセルで書いた面積表を取り込む
「プレゼンボードに面積表を書きたい」というお話を結構頂きます。特にプレゼンボード上に「文字」大アイコンから、物件情報に入力された情報を引用できるのはとても便利です。

http://walk-in-home-fan.blogspot.com/2014/08/blog-post_21.html
> ウォークインホームファン: プレゼンボードのテンプレートを追加する
せっかく作ったブレゼンボード。次にプランを作成した際にも使いたいと思います。思いますよね?作成したプレゼンボードを今後も利用できるようテンプレートに追加する方法です。

http://walk-in-home-fan.blogspot.com/2013/05/blog-post_20.html
> ウォークインホームファン: 柱を手入力する時、間柱が邪魔になって入力出来ない
柱を入力したい場所に入力できない!柱を「自動生成」している場合によくあるケースです。

http://walk-in-home-fan.blogspot.com/2016/11/jw.html
> ウォークインホームファン: 設計図書の図面をJWなどで簡単に編集したい
設計図書の図面を使いなれたjwやautocadで編集したい。ウォークインホームのこのようなフレキシブルな連携はとても便利です。

http://walk-in-home-fan.blogspot.com/2016/02/dxfjww.html
> ウォークインホームファン: 設計図書出力の無いスタンダードタイプで、平面図をDXFもしくはJWWで保存したい
スタンダードのウォークインホームをご利用のユーザー様が施工業者などから、図面をjwwやdxfのデータで貰えないか?と言われた際などに便利な機能。

その他にも案外役に立つ記事があるので、blog内を知りたいワードで検索してみて下さい。検索窓は右側の中段辺りにあります。また「この記事を書いて欲しい」と言ったリクエストもお気軽にお寄せ下さい。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
木建市場では、ウォークインホームのスキルアップスクールを、毎月・東京と大阪で開催しています。
「会社に新人が入ったので覚えて欲しい」「ウォークインホームを触ったことがない」「単発で参加したい」「希望の就職先で使っているので個人的に習得したい」という方も大歓迎です。

■スクールの様子はこちら→ http://d.hatena.ne.jp/mokken/
■日程カレンダーはこちら→ http://www.mokken.com/cgi-bin/calender/calender.cgi
■スクールお申込みフォームはこちら→ http://walk-in-home.net/beginner.html
※お電話、直接のメールでのお申込みも可能です。不明な点はお気軽に、お問合せ下さい。042-208-3250「ウォークインホームスクールの件で」とお伝え下さい。
■ また「入門スクール」「設計図書スクール」「個別訪問スクール」などの内容も、ご希望に応じて開催可能です。

【スクールに関するお問い合わせ】
 株式会社木建市場(TEL:042-208-3250/E-mail:info@mokken.com)までお気軽にご連絡ください。